最善の方法 アンインストール Rogue:JS/FakeCall.B

チュートリアル 削除する Rogue:JS/FakeCall.B

これらのブラウザは、Rogue:JS/FakeCall.Bによって感染されています。

Chrome VersionsChrome 58.0, Chrome 55.0.2883, Chrome 53.0.2785, Chrome 51.0.2704, Chrome 48.0.2564, Chrome 52.0.2743, Chrome 50.0.2661, Chrome 49.0.2623, Chrome 57.0.2987, Chrome 54.0.2840
Mozilla VersionsMozilla Firefox:39, Mozilla Firefox:45.1.1, Mozilla:43.0.4, Mozilla:42, Mozilla Firefox:49.0.2, Mozilla:40.0.3, Mozilla:51, Mozilla:38.1.0, Mozilla:45.0.1, Mozilla:43.0.3
Internet Explorer VersionsInternet Explorer 9-9.0.8080.16413, IE 8:8.00.7000.00000, IE 7:7.00.6000.16386, IE 8:8.00.6001.18372, Internet Explorer 8-8.00.6001.18702, Internet Explorer 8-8.00.6001.17184, Internet Explorer 10:10.0.9200.16384, IE 8:8.00.6001.18702, Internet Explorer 8-8.00.6001.18241, Internet Explorer 7-7.00.5730.1300, Internet Explorer 8-8.00.7000.00000, IE 9:9.0.8112.16421

ガイド 削除する Rogue:JS/FakeCall.B PC から完全に

Rogue:JS/FakeCall.B 説明:

サイバーエキスパートは、Windows 10、Windows 7、Windows 8などの多くのWindowsシステムでこの Rogue:JS/FakeCall.B を検出しました。このマルウェアの侵入後、まずレジストリエントリを変更します。このマルウェアは、ユーザーからの許可を得ずに不要なブラウザプラグインをインストールするため、Webブラウザもこのマルウェアに影響を受けます。 Rogue:JS/FakeCall.B は、ほとんどのウイルス対策ソフトウェアによって不快な PC マルウェアとして検出され、感染した PC に対する他の脅威を排除できます。有害なPC マルウェアであるため、これはバックグラウンドプロセスをターゲットとし、レジストリファイルも対象とします。このような悪質な活動のため、システムプロセスとインストールされたプログラムは非常に損害を受け、その影響は PC のパフォーマンスに反映されます。 CPUは継続的に稼働し、システムからより多くの電力を消費し、システムの突然の凍結を引き起こし、他のインストールされたプログラムのパフォーマンスで表示されます。要するに、 Rogue:JS/FakeCall.B はシステムの機能を完全に破壊してしまいます。

Rogue:JS/FakeCall.B 配布方法:

Rogue:JS/FakeCall.B は、 PC システムの内部にユーザーに深刻な混乱を招くさまざまな方法で簡単に侵入します。同様にシェアウェアのソフトウェアに詰め込まれると、このウイルスはシステムに侵入します。このような有害なマルウェアの作者であるこれらのバンドル方法だけでなく、 PC システムに感染する多くの侵入方法を使用します。 Hackerはより単純な方法でターゲットシステムを感染させます。Rogue:JS/FakeCall.B でシステムを感染させるためのバンドルプロセスです。まあ他の方法は、ピアツーピアのファイル共有方法、スパムメールのように使用されます。フィッシングサイトにアクセスしても、このウイルスはシステムに注入されます。急流やポルノサイトなどの不明なサイトからインストールします。ウイルスは悪意のあるリンクをクリックすることでシステムに侵入し、ネットサーフィンは PC に Rogue:JS/FakeCall.B を感染させる可能性があります。

Rogue:JS/FakeCall.B の有害な影響

Rogue:JS/FakeCall.B はログファイルを破壊する可能性があるため、Windowsプロセスが正しく機能しません。この破損は、CPUのハンド・タイムを時間にするシステム上の予期しないエラーの原因となります。無作為な数の広告が感染したシステムに表示されます。この有害なマルウェアが存在するため、システムのパフォーマンスが低下します。これは、バックグラウンドで実行する多くの望ましくない有害なプログラムを開始することができます。バックグラウンドプロセスは、インストールされたプログラムに悪質なコードを挿入し、感染した PC システムの実行可能ファイルにも挿入します。さて、あなたはシステムから Rogue:JS/FakeCall.B を削除することによって、この悪意のあるすべての効果を止める必要があります。

その他の参考サイト

削除 Rogue:JS/FakeCall.B 手動で
,
ヒント 削除 Rogue:JS/FakeCall.B から Windows 10

PC をスキャンする 削除する Rogue:JS/FakeCall.B

パート1 – 削除する Rogue:JS/FakeCall.B コントロールパネルから

パート2 – End Rogue:JS/FakeCall.B 関連タスクWindowsタスクマネージャーから

パート3 – 削除する Rogue:JS/FakeCall.B レジストリエディタから

パート4 – 削除する Rogue:JS/FakeCall.B Webブラウザから

パート5 – セーフモードで PC をネットワークで起動する

パート1 – 削除する Rogue:JS/FakeCall.B コントロールパネルから

削除する Rogue:JS/FakeCall.B Windows 10から

  • Windows 10では、[スタート]メニューの[設定]に移動します。

  • 次に PC オプションを選択し、Apps and Featuresオプションを選択します。

  • App and Featuresパネルで Rogue:JS/FakeCall.B >>>>を探して 削除する オプションを押します。

削除する Rogue:JS/FakeCall.B Windows 8から

  • Windows 8では、Win + Rボタンを押してRun Boxを開きます。
  • コントロールパネルを入力し、検索ボックスでEnterボタンを押します。

  • コントロールパネルのWindowsでは 削除する プログラムを選択します
  • Rogue:JS/FakeCall.B を探して 削除する をクリックしてください。

削除する Rogue:JS/FakeCall.B Windows 7から

  • Windows 7では、Windowsのボタンを押してすべてのプログラムリストを開きます。
  • すべてのプログラムリストから、コントロールパネルオプションを選択します。

  • プログラムのメニューを選択して、もう一度 削除する をクリックします。
  • 削除するしたいプログラムを選択し、 削除する アイコンをクリックします。

削除する Rogue:JS/FakeCall.B Windows XPから

  • Windows XPの場合[スタート]メニューから[コントロールパネル]を選択します。

  • コントロールパネルの[プログラムの追加]または 削除するをクリックします。

  • ここにインストールされたプログラムのリストが見つかります Rogue:JS/FakeCall.B 。

  • その後、削除する オプションをクリックして、不要にインストールされたプログラムを Get Rid Of します。

パート2 – End Rogue:JS/FakeCall.B 関連タスクWindowsタスクマネージャーから

  • タスクバーを右クリックし、タスクマネージャを選択します。
  • Alt + Ctrl + Delキーを押してタスクマネージャを開始することもできます。

  • Windowsの場合タスクマネージャオプションで悪質なプロセスを選択>>> [タスクの終了]ボタンをクリックします。

パート3 – 削除する Rogue:JS/FakeCall.B レジストリエディタから

  • レジストリエディタを起動するにはregeditと入力し、Enterキーを押すか、RUNコマンドでOKを押します。
  • Windowsレジストリエントリで、変更されたサブキーを選択します

  • 関連するすべてのレジストリファイルを Rogue:JS/FakeCall.B と 削除する で探します。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE PC CurrentControlSetServicesWpm
    • HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftInternet ExplorerMain Default_Page_URL
    • HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Run .exe
    • HKCU \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Internet Settings \ random
    • HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ run \ random

パート4 – 削除する Rogue:JS/FakeCall.B Webブラウザから

削除する Rogue:JS/FakeCall.B Microsoft Edgeから

  • Edge BrowserのMore(…)アイコンをクリックします。
  • URLを設定するには、[特定のページまたはページ]オプションをクリックします。

  • カスタムオプションのページのURLを入力します。
  • Microsoft Edge Browserを再起動して変更を設定します。

削除する Rogue:JS/FakeCall.B Mozilla Firefoxから

  • ブラウザメニューを開くには>>>設定アイコン(右上隅)をクリックします。
  • Add-onsを選択します

  • [アドオンマネージャ]タブで、[拡張機能]または[外観]パネルを選択します。
  • Rogue:JS/FakeCall.B を見つけて 削除する してから、 削除する ボタンまたは[Trash]オプションをクリックしてください。

  • Mozilla Firefoxを再起動して変更を確認します。

削除する Rogue:JS/FakeCall.B Google Chromeから

  • 3行目のアイコン(右上)をクリックしてChromeメニューを開きます。
  • 次に、ドロップリストから[ツール]オプションをクリックします。

  • [拡張機能]を選択し、不要なすべての拡張機能を選択します。
  • ゴミ箱のアイコンをクリックして 削除する Rogue:JS/FakeCall.B Google Chromeから削除してください。

削除する Rogue:JS/FakeCall.B Internet Explorerから

  • ツールオプションを開くにはAlt + Tボタンを押します
  • また、ツールを開くには、右上隅のギアアイコンをクリックしてください。

  • [アドオンの管理]オプションをクリックし、[ツールバーと拡張機能]タブを選択します。
  • Rogue:JS/FakeCall.B とそれに関連するアドオンを見つけ、無効をクリックします。

  • 最後に 削除する ボタンをクリックします。

パート5 – セーフモードで PC をネットワークで起動する

削除する Rogue:JS/FakeCall.B Window XP / Vista / 7用

  • セーフモードで開くには PC を再起動してください

  • [スタート]メニュー>> [再起動]オプションを選択します。
  • PC が起動している間に同時にF8ボタンを押します。

  • ここでは、アドバンスブートメニューが表示されます。
  • この「アドバンス」ブートメニューで、セーフモードでネットワークオプションを選択します

  • セーフモードで PC を開くにはEnterボタンを押してください。

削除する Rogue:JS/FakeCall.B Windows 8/10用

  • スタートメニューをクリックし、Shiftキーを押しながらRestartボタンを押します。

  • 次のウィンドウで[トラブルシューティング]オプションを選択します。
  • もう一度[詳細オプション]をクリックします。

  • ここで、[スタートアップ設定]オプションを選択します。

  • [セーフモードを有効にする]オプションを選択し、[再起動]ボタンをクリックします。

  • F5ボタンを押して、ネットワークでセーフモードを有効にします。